代表者ご挨拶

        
          このたびは四街道少年剣道クラブのホームページをご覧下さいまして
    誠にありがとうございます。
          当クラブは平成10年3月の四街道警察署開設と同時に、
          青少年の非行防止の一環として発足を致しました。
          途中、名称を四街道少年剣道クラブと改称し現在に至っておりますが
          今でも、指導者はすべてボランティアでおこなっております。
          私は、平成21年3月より当クラブの代表として子供たちの指導を
          しております。就任当初より今も取り組んでおります事は、
          明るく楽しい雰囲気づくりと礼節を重んじた厳しい稽古の両立です。
          この理想の道場づくりは私の永遠のテーマでもあります。
          今後もクラブ発足の目的を守りつつ新しいものへ挑戦していきたいと
          思っています。
          そしてなにより、週3回と限られた稽古時間の中ではありますが、
          剣道を通して子供たちには沢山の宝物を見つけてもらいたいと思って
          います。厳しい稽古を仲間とともに耐え、試合の結果に抱き合い泣き、
          笑う。そんな貴重な経験をくりかえし子供たちは確実に逞しくなって
          いきます。
          又、クラブの根幹となる四少剣剣道憲章のほかに基本理念、信条、
    クラブ心得にそれぞれ「百錬自得」「日々努力」「日常の五心」を
          掲げておりますが、これは地域と社会の次の担い手となる子供たち
          にとって必ずや将来の心の糧となるものと確信しております。
          そして私たち指導者も子供たちのために進化しつづけてまいります。
          休んでいる暇はありません、子供たちは今日も元気に笑顔で道場に
          やって来るのですから。
          末筆ながらこの場をお借りし、平素より当クラブの活動にご理解と
    ご協力をいただいております四街道警察及び保護者の皆様方に
    厚く御礼申し上げますとともに、より一層のご指導ご鞭撻を心より
    お願い申しあげます。
                            

             平成25年7月吉日

                 四街道少年剣道クラブ 代表 丸 勝司

                  img_20130704-235245.jpg


        
        
         

          







.